Black Box

The Black-Box is an external Power Supply Booster.


Super Black Box

The Super Black-Box is an external Power Supply Booster with enhanced Capacity.
 
 
 

 

invi
 

V 70 ClassA

OCTAVE V70 Class A ~音楽再生の原動力~

「シングルエンドアンプのような妖艶な中域の再現性を備えたA級回路コンセプト」

今回OCTAVEが目指した「クラスAコンセプト」とは、「魅惑的な音質の優位性を活かしきれる製品」であり、出力は限定されるものの歪みが少ないA級動作のメリットを最大限に発揮させること。
OCTAVEはこのコンセプトとプッシュプル動作を組み合わせて、魅惑的なサウンドクオリティを備えた新しい製品を作り出すことに取り組みました。

そして、それを実現するための様々なトライアルを経た結果、ついに「V70 ClassA」すなわち五極管回路のA級プッシュプル出力段を持つインテグレーテッドアンプが誕生したのです。

ダイナミック・バイアス・コントロール

  • A級コンセプトの出力に関して要求に応じてダイナミックレンジをシフトさせる回路技術。
  • 最大で50W出力を持つセルフバイアス方式のクラスAアンプを実現。
    (オプションのスーパー・ブラックボックス使用時は最大70W)
  • この独自技術によって、クラスA特有の純度の高いサウンド・テクスチャと、プッシュプル技術によるダイナミクスとパフォーマンスの両方を獲得。また、最大出力領域までの周波数特性全体にわたってA級パワーアンプの長所をギャランティーすることが可能に。

V70ClassAのオートバイアス回路

V70ClassAはオートバイアス回路を採用しているため、使用する真空管に応じた調整の必要はありません。ただし、4本の出力管が正常に動作しているかどうかを確認するために、LEDの色によってBIASチェックを行うことが可能です。

Octaveの他のトップモデルと同様、V70ClassAにも背面パネルにPowerSelectorのHigh/Low切替機能が装備され、異なる出力管にも最適に適応させることができます。

クラスAの動作は高出力のため、KT120、KT150であればPowerSelectorの「High」「Low」どちらの設定も使用できますが、KT88または6550は「Low」の設定でのみ動作させる必要があります。それでも15W前後の出力を獲得しています。

◇アナログプレーヤーを接続するため、後で取り付け可能なフォノボード(MCまたはMMのいずれかを選択)をオプションで用意。(Phonoモデルの場合には注文時にMC、MMのどちらかを選択
別途取り付け費用:¥15,000/税別がかかります)

◇Power Selectorスイッチにより出力のHigh(50W)/Low(25W)切替が可能。

  • Power High設定時ではクラスAの動作は高出力になるため、KT120またはKT150のみ使用可能
  • KT88または6550はPower Lowを選択してください

◇オクターブの代表的な機能であるソフトスタート機構と保護回路システム、ECOモード搭載

◇ホームシアター用バイパス回路、便利なレギュレートされたプリアンプ出力(サブウーファーを直接接続する場合)などの機能もこれまで通り採用。

◇色はシルバー、ブラックの2色(グリル付き)

 
Add On Modules  

Spezifications  
入力 6 x RCA (ユニティゲイン入力含む。またひとつの入力はオプションでMMまたはMC入力に変更可能=どちらか選択)
1 x XLR
出力 1 x 可変出力(RCA)
1 x テープ用固定出力 (RCA)
1 x スピーカー出力 
XLR ピンアサイン 1 = ground, 2 = positive, 3 = negative
■パワーアンプ部
出力(4Ω時) Power Selector High 2 x 50W
Power Selector Low 2 x 25W
周波数帯域 20 Hz – 70 kHz
高調波歪率 0.1% (10W/4Ω)
S/N 比 -100dB
推奨負荷インピーダンス 4 - 16 Ω
増幅度 35 dB
■プリアンプ部
入力感度 300 mV RCA and XLR
入力インピーダンス 50 kΩ RCA; 25 kΩ XLR
チャンネルセパレーション 55dB
クロストーク(入力端子間) -105dB
  invi Download:
取扱説明書:V70classA取扱説明書(202009).pdf
 
■全般
消費電力 20 W (エコモード時), 190 W(アイドル時), 500 W(最大出力時)
重量 約23kg
ヒューズ定格 100V: 6.3 A slow-blow H (5 x 20mm)
サイズ 4Overall dimensions in mm
451 X 175 x 405 mm (W x H x D)
仕上げ シルバー/ブラック(アルミニウム・アルマイト加工)
付属品 リモコン (ボリューム専用)、電源ケーブル、3㎜ドライバー、真空管カバー脱着用六角レンチ、スペア出力管(1本)
本体価格 ラインモデル:¥1,400,000/台(税別)
フォノモデル:¥1,500,000/台(税別)
強化電源(別売り) BLACK BOX 本体価格:¥170,000(税別)
SUPER BLACK BOX 本体価格:¥430,000(税別)
 
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
 
  Features
invi

インピーダンスタップについて・・・
OCTAVEのプリメインアンプ、パワーアンプは全て4Ω表示に統一されており、スピーカーのインピーダンスに応じて接続する個別の出力タップを設けることなく、OCTAVEの出力トランスは2Ωの低負荷から8Ωまで効率的に対応出来るように設計されています。
※詳しくはTECHNOLOGYページをご確認ください。

invi

PMZ コアについて・・・
PMZ の主な利点は浮遊磁場の軽減であり、コア内における磁界を最適化します。この特徴によって、トランスの変換効率自体を約5~10%向上させることができます。標準のEI タイプとの違いはギャップの形状です。 EI タイプは2 枚のピースからコアが成形されているため3 つのギャップがあり、うち2 つは磁気系の中心部分の外側にあります。それに対してPMZ タイプは1 枚のスチールで成形されています。ギャップを最小限に抑え、コアにおける損失を軽減することで、磁気密度をさらに10%向上させています。 この利点により、PMZ はパワートランスと出力トランスにおいて優れたものとなります。出力トランスにPMZ コアを使用することで、低周波数帯域においてとりわけ優れた特性を発揮し、歪みの減少と、出力の増加を実現します。真空管の出力信号はトランスにあまり左右されないとは言え、変換効率は重要なファクターです。

 
^ top