logo
invi


Black Box

The Black-Box is an external Power Supply Booster.


Super Black Box

The Super Black-Box is an external Power Supply Booster with enhanced Capacity.
 
 
invi
 
V16 Single Ended

OCTAVEの一貫した基本指針、それは、最新の技術革新の成果を古典的な真空管技術に取り入れることです。

OCTAVEのテクノロジーは、企業理念の通り、革新的かつオリジナルなアプローチによって、真空管アンプ回路設計を発展させてきました。それは数々の特徴、真にパワフルなダイナミクス、デバイスの存在を忘れさせる高SN、広帯域特性、驚異的な安定性と長寿命、総合的な安全性、等に顕著です。OCTAVE は30年にわたり、それらの特徴を具現化するハイエンドのアンプに特化したモノづくりを続けてきました。そのアプローチは市場においても実証され高い評価を獲得し、OCTAVE が獲得したポジションに到達した他のメーカーは未だ存在していません。

今回は、OCTAVEの比類ないアンプ技術を初めてシングルエンド設計に採用しました。極めてナチュラルなオーディオ再生に望ましいものであり、クリアで明瞭なサウンドを実現できるため、特に高能率なスピーカーや高性能ヘッドフォンに最適です。
シングルエンドアンプは、音楽信号が分割増幅されないため、正負のクロスオーバー歪みが発生せず、自然調和の音調を備え、とりわけ明瞭で魅力的なミッドレンジを再生します。
OCTAVE にとって、シングルエンドのA級回路を採用したことは技術的な挑戦でもありました。それは、回路構成の欠点をどのように克服して優れた音質を獲得できるかについての技術的な問題です。数々のOCTAVE における技術革新とオリジナルの出力トランスを採用することにより、その課題に対する回答が非常に洗練されたかたちで得られたのです。OCTAVE 初のシングルエンド設計による最新のV16 シングルエンドアンプの誕生です。

シングルエンド回路のナチュラルな音質とミッドレンジの明瞭さには特有の魅力が備わっていますが、製品化にあたっては留意するべきいくつかの制約があることも知られています。

  1. 低音域でのレスポンス低下 –

    OCTAVEは、新たに専用設計した磁場補償出力トランスによって、シングルエンドアンプ固有の問題を解消しました。 自社開発のトランスで知られるOCTAVEの社内で細心の注意を払って作られています。 カスタマイズされたトランスを採用した結果、V16シングルエンドの低域方向における電力帯域幅は10Hzまでリニアな 特性を獲得しています。

  2. 高音域でのレスポンス低下とナローな再生周波数帯域 –

    ドライバー段とフィードバック回路の最適化により、従来シングルエンドアンプ設計では実現不可能とされていた再生周波数 特性を、V16シングルエンドでは10Hzから100kHzまで拡張しています。

  3. スピーカーから検知される比較的高い残留ノイズ –

    V16シングルエンドのハムレベルは、出力トランスと電源トランスの最適配置により、電源部を独立させることなく、 事実上、検知されないレベルにまで低減されています。 V16シングルエンドのスピーカーおよび、ヘッドフォン出力で測定される低周波ノイズレベルは、8Ωで -110dB / 1W、 50Hzでは約15-20μVに相当します。

  4. クラスA動作時の高電流による発熱 –

    シングルエンドA級設計では定格出力の150%までも過度なアイドリング状態になっているものが多く見受けられます。 そうした製品は通常の動作時に非常に高温になってしまいます。

    a. V16シングルエンドは、クラスAモードで3段階の設定を適用させています。

    クラスAレベルは、スピーカーの負荷(4-8 Ω)とヘッドフォンに対して100%〜30%の間で自動的に調整され、アンプの動作温度は大幅に低下し、高寿命にも大幅に貢献しています。

    b. さらに、V16シングルエンドは、エネルギー効率を高めるOCTAVEオリジナルの「Ecomode」技術も備えています。

    これは、音楽信号の休止中はクラスAレベルを30%に低減させ、音楽信号が再び流れはじめた場合にアンプの動作を ゆっくり立ち上げるものです。

OCTAVE V16 にはオプションでPre-Out 機能も装備されています。複雑な仕様に思われますが、製品自体に大きな柔軟性をもたらすものです。つまり、V16は様々な音楽再生システムを構成することができます。
高性能ヘッドフォン専用としてはもちろんのこと、高能率スピーカーとのシンプルセッティング、アクティブスーパーウーファーと組み合わせたハイブリッドシステム、さらにはスピーカーのバイアンプ駆動等です。バイアンプシステムにおいては、内蔵イコライザーで最低域成分(80Hz 以下)をカットして、V16を中~高音域側専用とすることができます。再生周波数帯域はOCTAVE により最適化され、それに応じて低域側の再生をマッチングさせるのです。この方式では、低音領域を別筐体のアンプ(あるいはスピーカー内蔵のもの)に受け持たせ、V16 シングルエンドアンプが獲得した比類ない中高音域再生における美点と繊細さを活かしたセットアップを実現できます。

V16シングルエンドに費やした長い開発時間が多くの実りをもたらしました。深々とした低音、ナチュラルなミッドレンジとシルキーで滑らかな高音域。卓越した信頼性と長寿命を兼ね備え、超静音動作を実現する妥協のないシングルエンドA級アンプの誕生です。

あらゆる点で純粋で現代的な第一級のアンプに仕上がりました。

 

Spezifications  
・パワーアンプ部
出力管 標準KT120 (KT150、KT88、6550、EL34等、差し替え可)
出力(4Ω時) HIGH:8W x 2(連続出力/4Ω)
LOW:5W x 2(連続出力/4Ω)
*8Ω時は20%減
ヘッドフォン出力 3V/8V(4Ω)
周波数特性 20Hz - 100kHz (8W -3dB)
10Hz - 80kHz(5W 0/ -3dB)
高調波歪率 0.5% (3W/4Ω)
S N 比 -110dB / 8W
負荷インピーダンス スピーカー:3 - 32Ω(バイアス High . Low)
ヘッドフォン:6 - 2000Ω(Out Low . High)
適合ヘッドフォン負荷 15 . 600Ω
最小負荷インピーダンス
増幅度 26dB
■プリアンプ部
入力感度 400 mV
入力インピーダンス 50 kΩ(RCA); 25 kΩ(XLR)
チャンネルセパレーション 40 dB
クロストーク(入力端子間) - 90 dB (入力端子間)
出力インピーダンス 40Ω
Pre Out 最大出力レベル 5V RMS
入力管/ドライバー管 ECC82 x 1、EF800 x 2
■全般
消費電力 120W最小(アイドル時)
200W最大
* BIAS およびアウトプット設定により変動
入力 RCA x 2系統
XLR x 1系統
出力 ヘッドフォン (6.3mmジャック) x 1系統
ヘッドフォン (4pin XLR) x 1系統
オプション:プリアウト (RCA) x 1系統
スピーカー端子 バインディングポスト x 1ペア
(4㎜バナナプラグ, Yラグ6㎜以上対応)
XLRピンアサイン Pin 1: ground、Pin 2: + (hot)、Pin 3: - (cold)
その他 BLACK BOX / SUPER BLACK BOX接続端子
ヒューズ 4A (スローブロータイプH)
サイズ 210W x 335H x 316D (mm)*ノブ・端子・グリル含む
重量 約19kg
仕上げ メタリックブラック(操作パネル:アルミブラック)
オーシャンブルー(操作パネル:アルミシルバー)
アイスグレー(操作パネル:アルミシルバー)
付属品 リモコン (ボリューム専用)、電源ケーブル、3mmドライバー、真空管カバー脱着用六角レンチ、スペア出力管(1本)
本体価格 ¥1,200,000/台(税別)
オプション プリアウト:¥214,000(税別)
レベルアジャスター:¥36,000(税別)*バイアンプ用
※ご注文の際にお申し込みください。
強化電源(別売り) BLACK BOX ¥163,000/台(税別)
SUPER BLACK BOX ¥430,000/台(税別)
 
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
 
  Features
invi

インピーダンスタップについて・・・
OCTAVEのプリメインアンプ、パワーアンプは全て4Ω表示に統一されており、スピーカーのインピーダンスに応じて接続する個別の出力タップを設けることなく、OCTAVEの出力トランスは2Ωの低負荷から8Ωまで効率的に対応出来るように設計されています。
※詳しくはTECHNOLOGYページをご確認ください。

invi

PMZ コアについて・・・
PMZ の主な利点は浮遊磁場の軽減であり、コア内における磁界を最適化します。この特徴によって、トランスの変換効率自体を約5~10%向上させることができます。標準のEI タイプとの違いはギャップの形状です。 EI タイプは2 枚のピースからコアが成形されているため3 つのギャップがあり、うち2 つは磁気系の中心部分の外側にあります。それに対してPMZ タイプは1 枚のスチールで成形されています。ギャップを最小限に抑え、コアにおける損失を軽減することで、磁気密度をさらに10%向上させています。 この利点により、PMZ はパワートランスと出力トランスにおいて優れたものとなります。出力トランスにPMZ コアを使用することで、低周波数帯域においてとりわけ優れた特性を発揮し、歪みの減少と、出力の増加を実現します。真空管の出力信号はトランスにあまり左右されないとは言え、変換効率は重要なファクターです。

 
^ top